2007年1月14日

巡回冗長検査(CRC)エラー

 先日HDDがクラッシュ後DVD-Rにバックアップしていたものから徐々に復旧しているのですが、PCにコピーしている最中、「巡回冗長検査(CRC)エラー」が出てコピーできないものがあります。

CRCエラーとは、ファイルをコピーする段階でコピー元とコピー先のファイルに食い違いが起きた事を指します。 CRCエラーの発生源は光メディアの不良、光学ドライブのレンズの汚れ、ケーブル類の接続異常及び断線、 HDDやコントローラの故障等です。ただし、HDD同士でのコピー時にCRCエラーが出た場合はHDD自体の故障と言うケースが多いようです。

http://www1.bbiq.jp/beginners_navi/seminar08/seminar08.htmlより抜粋。

 信頼性の低いメディアを使った場合に多く発生するようですが、原因の特定は出来てないようです。 またこのエラーが出た場合そのファイルは諦めるしかないようです。 折角バックアップしても読めないファイルがあるとは・・・悲しいです。 エラーが出ても無視してコピーするソフトやエラー部分だけを取り除くソフトがあるようで色々試してみたいと思います。 しかしバックアップする時にもちゃんと出来ているかどうか不安になりますね、このエラーを回避する方法はないのでしょうか?

2006年12月17日

突然のHDDクラッシュ

 事故は突然やってくるものです。先日Norton Internet Security2007にアップデートした際にウイルススキャンをしていたときの事、突然パソコンが再起動し、そのままWindowsが立ち上がらなくなってしまいました。 BIOSの動きがやたら時間が掛かります、こういうときは何かデバイスのトラブルです、なんとかRAID-BIOSまでたどり着きましたが、やはりRAID0がFAILEDとなっています、またHDD一台が認識されていません。

 箱を空けてHDD絡みの接続を見直し、SATA、電源コードを指し直すと、HDDは2台とも認識されました、RAID-BIOSでRAIDをすべて削除し再度組みなおします。そしてTrueImageで復旧と慣れた作業のつもりでしたが、なんと今回はTrueImageのバックアップファイルが見つかりません。恐れていた事態が起こりました、RAID2まで消えてしまっているのです・・・データすべてが消えてしまいました。

 DVD-Rに主だったものはバックアップを取っていましたが、最後にバックアップしたのはほぼ1年前、そうです、1年間のデータはほぼ吹っ飛んでしまいました。 ここ1年のデジカメ写真、メール、Moneyデータ、購入したばっかりのNorotn2007、B's Gold9すべてがパーとなってしまいました。 やはりRAID1といっても安心はできません、バックアップの重要性を認識させられました。年末年始休暇の間にHDD交換とバックアップの仕方を再度考えたいと思います。

6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16