2006年1月11日

親父の新パソコン その2 eMachines J3024

 親父がパソコンを新しく買ったことは、ここに書いたとおりですが、新しいPC、eMachines J3024についての感想を書いてみます。

スペックは

CPU: Intel Celeron D プロセッサ 351 (256KB L2キャッシュ, 3.20GHz, 533MHz FSB)
OS: Microsoft® Windows® XP Home (SP2)
Chipset: Intel® 915G チップセット
MEMORY: 512 MB DDR
HDD: 160 GB
DRIVE: スーパーマルチ DVD±RW ドライブ (DL対応)
メディアリーダー: 8-in-1 メディアリーダー
VIDEO: Intel グラフィックス・メディア・アクセラレーター900 (Intel 915G内蔵)
SOUND: Intel ハイ・デフィニション・オーディオ
拡張スロット: PCIスロットx2 (空き1)
PCI Express x16スロットx1 (空き1)
PCI Express x1スロットx1 (空き1)
外形寸法: 高さ 362mm x 幅 184mm x 奥行き 406mm
重量: 約10.2kg

 親父の用途(株式のディトレーディング&ネット&メール)には十分すぎるほどパワフルです。 前のパソコンがあまりにぼろかったせいか物凄く快適に感じます。 しかし、BUFFALOの液晶モニター17型FTD-G731AS/BKは問題です。 推奨解像度は1,280×1,024ドットとありますが、これは年寄りには無理、拷問です。 文字が小さく、滲んでしまって読めません、コントラストも酷いです。 従い、1,024X768に設定しました。 もっとも見慣れているのが当方の環境(EIZO S190)ですからこれに慣れてしまうと大概のものは見劣りしてしまうと思いますが・・少々高くてももうすこし良いモニタを選ぶべきであった・・・でも、PCI Express x16スロットがあるので将来拡張できる分、良い買い物をしたかな、と思っています。


2006年1月 9日

電源をABEE AS Power ER-2520Aに交換

 九十九電気で新しい電源を購入。 店の人によるとAntecとASUSマザー間で一部相性問題があるとのこと、従い薦められるままにAbeeのAS Power ER-2520Aに決めました。

 自宅に戻り早速取り付け、Antecと同じケーブル着脱式なのですAntecよりもカッチリタイトにはまる感じがします。(Antecは若干グラグラな感じがあった) 音もNeoPower480よりも若干静かな感じがします。 しかしケーブルがAntecと比べて太い分丈夫そうに見えるのですが、その分ケーブルの取り回しが大変です、ケース内で結構かさばります。

 AntecとASUSマザーの相性問題が当方の今までのトラブルの主原因なのかどうかまだ解りませんが、この電源交換で安定してくれることを期待しています。

2006年1月 7日

PC電源 Antec NeoPower480 がおかしい??

 新年早々パソコンが調子悪いのです。 去年の12月初、久々にRAID BIOSでまたHDD1機が認識されないという例のトラブルに見舞われたのですが、ケースを空けてHDDのSATAケーブルや電源ケーブルを指し直したりしていたら、なんとか回復。

 その後はトラブルは無かったのですが、本日ケースを空けて掃除をしていたら、突然ブルーバックエラーが出て、RAID BIOSで同じようにHDD1機が認識されません。 同じようにHDDのケーブルを抜き差しすることで解決するも、今度はマザーボードの電源ケーブルに触った途端、パソコンの電源が落ちてしまいました。 スイッチを押しても電源が入りません、何回か押すと入りましたが、またしてもRAID BIOSでHDD1機が認識されません。 これはどうも電源(Antec NeoPower480)がおかしいとしか考えられません。 そこで急遽電源を買うことにしました。 

1