2010年7月13日

南アフリカ ワールドカップ 雑感 その6

 スペインが優勝した、Euro2008を制し、今回も前評判上々だったが、初戦のスイスに負け、その後も思うように点が取れず、苦しい僅差の勝利ばかり。

 逆にこれが良い緊張感を持続できのではと思う、決勝リーグはすべて1対0の僅差勝利、無失点も見事だが、決勝ゴールのイニエスタ、あそこで良く決めたと思う。

 オランダも惜しかった、ロッペンが2度のチャンスのうち、ひとつ決めてたらオランダの優勝だったかもしれない。

 驚いたのはウルグアイ、FW2人の決定力は脅威だ、韓国戦の決勝ゴールも凄いと思ったがその後も脅威のシュート力だった。

 いよいよお祭りも終了、夢から覚めて現実に戻らねばならない。まだまだ今年のシーズンは始まったばかり、先が長い、コツコツと勝ち点を稼いでいくだけだ。

2010年7月 4日

南アフリカ ワールドカップ 雑感 その5

 思わぬ大差がつきました、試合前は誰もが接戦になると予想してたと思いますが結果4対0、いや~、ドイツは強かった。

 アルゼンチンはメッシにボールが入った一瞬はワクワクするんだけどね、その後が繋がらなかった、後半最初、優勢立ったときに追いつけなかったのが痛い。

 実は当方、昔からドイツファン、メッシが去るのは寂しいけど、久しぶりに強いドイツを見れて嬉しい。バラックが怪我したのが逆にチーム力を高めている気がする、このまま決勝まで行って欲しい。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10