2010年7月26日

ジュビロ戦 雑感

 怖いくらいにドラマティックなゲーム、こんな勝ち方はそうそう見られないものだ。試合はこの猛暑のためか、チームの動きは良くなかった。曽ヶ端のミスで先制され、そのあともクロスを成岡に決められ前半で2対0、完全に負けムードだったが、ジウトンが1点返したのが大きかった、これで生き返った。

 その後も岩政のヘッドを大迫がフリーでシュートを打つが、相手GKにファインセーブされる、惜しい!。その後も攻勢、ジウトンのクロスにフリーで合わせたのは中田浩二だった、ボランチがあの位置まで上がるのは珍しい。最後のトドメはCKの競り合いからマルキが決めた。課題は多いが、ハードスケジュールの中、連勝できたことは大きい。「これが鹿島のメンタリティ」いまからが本番だ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://harry-pc.sakura.ne.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1279

コメントする