2007年7月30日

本田の引退試合2

 本田泰人氏、PK弾で有終美!93年のリベンジ晴らす

 本田泰人氏・引退試合(29日、カシマスタジアム)昨季限りで現役を引退した鹿島の元日本代表MF本田泰人氏(38)=サンケイスポーツ専属評論家=がフル出場。PKを決めるなど、本拠地で最後のプレーを披露した。

 1万7262サポーターが赤く染めたスタジアムに、「ゴーゴーゴー、本田泰人~」の応援歌が鳴り響く。「スタッフ、サポーター、家族の支えがあって15年間やってこれました。みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。これからはアントラーズのために何ができるかを考え、再び常勝軍団になるよう100%サポートしていきます」。試合後、本田氏は瞳を潤ませながらあいさつ。最後はスタンドでサポーターから胴上げされた。

 93年度Jリーグ・チャンピオンシップをイメージした一戦は、後半35分に本田氏がPK弾を決めて4-2逆転勝利。ラモス、北沢らを相手にリベンジを果たした。相手に食らいつくプレーは最後まで健在。その雄姿はサポーターの心に永遠に刻まれた。
2007年7月30日(月) 8時1分 サンケイスポーツ

 昨日は盛り上がったようです、折角、ジョルジが来てくれたのに見に行きたかった。 ジョルジだけでなく、相馬、熊谷、増田も活躍したようで、97-98年の最強時代を彷彿させるような試合だったようです。また最後のセレモニーでは秋田のメッセージもあったようで、本田は幸せな選手だと思います。みんなアントラーズが復活しているのを期待しているんでしょう、現役メンバーはその期待に答えるべく頑張らないと・・・ヴェルディからも往年の名メンバーが沢山参加してくれました、ありがたいことです。

http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/detail/20070730_14_827.html

2007年7月28日

銀座 金の串 NAGOMI


 銀座での雰囲気の良い和食系のダイニング、金曜日に予約しようと、前日夜にいざ探してみるとなかなか難しい、OZMALLとかブログとかで紹介されている店を調べてみるが、値段がお手頃で雰囲気の良さそうなところはまず一杯で予約できません。空いているのはバカ高い超高級店か、普通の居酒屋に毛がはえたところばかり。そもそも前日に予約しようなどしているのが間違いなのです。

 そんな悪戦苦闘の元、何とか予約できたのが、「銀座 金の串 NAGOMI」カウンター中心の串揚げとフレンチのMIXとのことです。20時半からの予約ですが到着したのは20時10分過ぎ、席は我々の予約した席を除き満席です。ちょうど合コン用の個室の前だったので、騒がしかったですが、なんとか我慢できるレベルです。料理は事前に予約しておいた「金のなごみ8月コース」、ワインは手ごろな値段の中からブルゴーニュの白をチョイス。

 料理は大変美味しかった、前菜のの海老は紹興酒ソースで中華風に仕上げられ、串揚げはダチョウ、マグロほほ肉、エスカルゴ、ソフトシェルクラブ、子持ち昆布とか結構珍しい食材を使って美味しく、食べやすく味付けされています、メインの牛ロースのソテーとサフランのリゾットも大変美味しかった、量も十分でお腹一杯になりました。金曜日前日の予約としては良い店を選ぶことができたと自画自賛です。

続きを読む "銀座 金の串 NAGOMI"

2007年7月23日

本田の引退試合

 いや、純粋に嬉しいですね、本田の引退試合にジョルジーニョが参加してくれます。

http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/detail/20070720_13_802.html

 最初メンバーに名前がなかったので諦めてましたが、追加で発表されました、何よりも嬉しいです。是非見に行きたいですが、スケジュール上無理なのです。 しかし本田と言えばビスマルクですが、何で来れないのだろ??


2007年7月22日

アジアカップ vsオーストラリア戦

 今回は例によって、アントラーズから誰も選ばれてないので、まったく関心はありませんが、昨日のオーストラリア戦をテレビで観戦しました。

 内容は日本の圧倒的な内容でしたね、もしPK戦で負けてれば悔やまれる試合だっただろうと思います。W杯の時と比べると日本の攻撃陣の良さが目に付きました、オーストラリアは予選も苦労していたし、全体的に調子はイマイチだったのでしょうか?

 それにしても川口と高原は凄いですね、特に川口、PK戦では完全にオーラを感じます、海外で苦労したのが良い肥やしとなっているのでしょうか、高原の同点シュートも凄かったです。 

 アントラーズから何人も代表に選ばれて欲しいとは思いませんが、ゼロはやはり寂しいと感じます。

2007年7月18日

行方不明者

 最近当方の廻りで行方不明者が連続二人も出てしまった。 一人は奥さんなど家庭の問題から会社を休みがちだったものが、突然家にも帰らなくなってしまった。幸いにもその人は、3ヶ月程度で自宅に戻り、本問題は無事に解決することができた。

 もう一人は、前触れもなく突然姿をくらましてしまった。前夜は会社で21時位まで残業をしていたことが同僚によって確認されている。この人はお母さんと二人暮らしで、お母さんもかなり心配されている。

 最近、うつ病の人もとても多いと聞く、あたりまえのことだが、精神的にも肉体的にも常に健康でいなければならない、しかしこれは結構難しいのかもしれない。

1  2