2006年12月29日

遠い10冠 天皇杯準決勝敗退 vsレッズ戦

天皇杯準決勝 12/29(金) 国立霞ヶ丘競技場 鹿島1-2 浦和

 今年3試合レッズと対戦し、1引き分け2敗、と一回も勝てませんでした。このうち1敗は惨敗、1引き分けは勝てる試合をロスタイムで追いつかれ、最後の1敗は試合は終始アントラーズペースだったものの、最終的には1.5軍メンバーに勝てませんでした。

 アウトゥオリ監督の最後のコメントが今シーズンを象徴していると思います。

今日はシーズンを通して我々がやってきたサッカーの課題なり、良い部分が見られた。
立ち上がりは主導権を握りながらもチャンスを決められず、自分たちのミスから失点してしまった。競争力、確実性など、ここぞという時に集中を欠いてはいけない。持続性が必要である。
アントラーズに来て皆さんがびっくりするような改革を行いたかった。その改革とは、メンタルの弱さが一番の課題であり、今後しっかりと改善していかないといけないと思う。強い精神力を持ったチームにするために競争力に打ち勝つメンタル的なことを改善したかった。
短い期間ではあったが、すばらしい文化、環境、人材に恵まれたことに感謝したい。
まだやり残していることがあるような気がするので、ここでお別れというのではなく、またお会いできる日がくることを願いたい。皆さんありがとうございました。

 スポーツ誌によると来年の監督と助っ人3人が決まったと書かれてあります。本田も引退し来年は誰がキャプテンを努めるのでしょうか? 精神的支柱的存在の中田浩二は戻ってくるのでしょうか?あるいはイタリアで出番の少ない小笠原が戻るのでしょうか? 若手が育ちつつある現状、どれも難しい選択です、下手をすればチーム内不協和音も生まれます。 来年こそがフロントの指導力が問われる一年になることは間違いありません。

2006年12月28日

iPod nanoを買う、そして明日は・・・

遅ればせながらiPodを買いました!今までiRiverのHDDタイプのプレーヤーを使っていたのですが、先日動かなくなりました。やはりHDDタイプは故障のリスクが大きいのではと思い、今回はメモリータイプにすることにしました。AppleShopでiPod nanoの最大の8GRedに決めました。

 iPodを触るのは恥ずかしながら初めてのこと、最初は音量すら調節できず、iPod自体の使い方、itunesの使い方に頭を悩ませましたが、慣れると便利ですね、早速甲斐よしひろの曲を入れて通勤途中に聴いています。

 ところが、昔にMP3にエンコードした曲でitunesに取りこめない曲があるのです。もちろんitunesで再生できないし、ipodにも取り込めません。ファイルが壊れているのかと思いましたが、Media Playerではちゃんと再生されます。色々検索しているとここに同じような悩みを持った方がいました。IPタグをID3V2タグ形式に変換したら直る可能性も書かれてありますが、当方は駄目でした。しかしCDexで再エンコードすれば解決しました、もちろんipodに取り込めるようになりました。納得はいきませんがとりあえず解決!

 そして明日はいよいよ決戦です。しかし敵はワシントンも闘莉王も三都主も居ないようです。助かったというか天皇杯を軽視ているというか・・絶対負けられません。

2006年12月24日

天皇杯ベスト4に残った

天皇杯 準々決勝 12/23(土) 熊本県民総合運動公園陸上競技場 鹿島 3 - 2 清水

 厳しい戦いでした、前半先制され、後半すぐ追加点を取られ2-0、ほぼ諦めざるを得ない展開かと思いましたが、勝負は下駄を履くまでわかりません。

 追加点を取られましたが、すぐCKから田代のゴールで1点差に戻します。その後も勢いに乗って攻めますがなかなか決定機を決められません・・・と思っていたところ、右サイドからのクロスを本山が相手GKの股の間をぬくビューティフルゴールでとうとう追いつきます。追いつけばもう勢いの差は歴然です。3点目はまたしても右サイド内田のクロスを田代が空振りした後ろから柳沢が左足で押し込んだのでした。

 前日に本田の引退が発表され、皆気持ちがひとつになったことが逆転劇に繋がりました。 次は今シーズン辛酸をなめさせられ続けたレッズです、今回こそは負けられません。 この監督、今メンバーでできるサッカーはあと2試合だけなのです。意地を見せて絶対元旦まで進出して欲しいと思います。

2006年12月23日

鹿島の鉄人 本田の引退

鹿島の鉄人 本田が引退「他のユニホーム姿は想像できない」

 J1鹿島の元日本代表MF本田泰人(37)が今季限りで現役を引退することが21日、分かった。6日に鹿島と来季の契約を更新しないことが決まり、他クラブへの移籍との二者択一で悩んでいたが、この日の鹿嶋市内での練習後にクラブ側に引退の意志を伝えた。

 ミスター・アントラーズ-。自他ともに認める“称号”を外すときがきた。本田がチーム練習後に、現役引退の意志をクラブ側に伝えた。

 「退くことに決めた。アントラーズ以外のユニホームを着ている姿が想像できないしね。家族を不安にさせるわけにもいかないから決断した」

 Jリーグが開幕した93年から、同一クラブでプレーを続けてきた唯一の現役選手。だが、先月16日にクラブ側から引退勧告を受けた。鹿島残留の可能性、他クラブへの移籍を視野に入れ、1カ月以上も悩み抜いた末の結論だった。

 日本リーグの本田技研時代を含め、実に19年間の現役生活。日本代表では通算31試合1得点をマークした。Jリーグでは95年7月12日の磐田戦で史上最速の100試合出場を達成するなど、通算出場試合は歴代11位の通算328試合出場。95年途中からチーム主将を務め、持ち前のリーダーシップで常勝軍団を築き上げた。ここ数年は出場機会が減っていたが、常に練習から手を抜かずにチームを引っ張ってきた。その姿勢に後輩選手はもちろん、チームの基礎をつくったジーコ前日本代表監督からも厚い信頼を得ていたほどだ。

 天皇杯までプレーを続け、引退後は鹿島が何らかのポストを用意するという。一方、解説者としても活動する。「スーパーバイザーみたいな形でもいいから、鹿島のために恩返しをしたい。その前に10冠で締めくくりたいね」。天皇杯に優勝すればJリーグ初の10冠を達成する。前人未到の大記録へ完全燃焼し、新たな人生に突き進む。

2006年12月22日(金) 8時3分 サンケイスポーツ

 本田主将、ご苦労様でした、あの駒場でPKを動じることなく淡々と決めたのが思い出されます。これで創世記スピリッツの持ち主がまたひとりいなくなってしまいました。 誰が彼のスピリッツを引き継いでくれるのだろうか?

2006年12月17日

突然のHDDクラッシュ

 事故は突然やってくるものです。先日Norton Internet Security2007にアップデートした際にウイルススキャンをしていたときの事、突然パソコンが再起動し、そのままWindowsが立ち上がらなくなってしまいました。 BIOSの動きがやたら時間が掛かります、こういうときは何かデバイスのトラブルです、なんとかRAID-BIOSまでたどり着きましたが、やはりRAID0がFAILEDとなっています、またHDD一台が認識されていません。

 箱を空けてHDD絡みの接続を見直し、SATA、電源コードを指し直すと、HDDは2台とも認識されました、RAID-BIOSでRAIDをすべて削除し再度組みなおします。そしてTrueImageで復旧と慣れた作業のつもりでしたが、なんと今回はTrueImageのバックアップファイルが見つかりません。恐れていた事態が起こりました、RAID2まで消えてしまっているのです・・・データすべてが消えてしまいました。

 DVD-Rに主だったものはバックアップを取っていましたが、最後にバックアップしたのはほぼ1年前、そうです、1年間のデータはほぼ吹っ飛んでしまいました。 ここ1年のデジカメ写真、メール、Moneyデータ、購入したばっかりのNorotn2007、B's Gold9すべてがパーとなってしまいました。 やはりRAID1といっても安心はできません、バックアップの重要性を認識させられました。年末年始休暇の間にHDD交換とバックアップの仕方を再度考えたいと思います。

1  2