2006年10月29日

監督を解任すべき vs大分トリニータ戦

J1 第29節 10/29(日) 九石ドーム 鹿島 0 - 2 大分トリニータ

 パソコンは直ったがこちらは依然として故障したまま、良くなる兆しすらない。こんな内容でナビスコで良い試合ができるわけが無い。先日のジェフ戦での薄笑いを浮かべ戦う姿勢を失ってしまったアウトゥオリ監督は即刻解任すべきです。もちろんこんな原因を作ったフロント陣も総退陣してくれ。

 リーグ戦4連敗は99年以来だとか、でも99年はワールドユース組の活躍があり将来への夢があった、ジーコも総監督としてチームを引っ張ってくれた、ナビスコ決勝では柏に負けたけど魂の入ったゲームを見せてくれた、それが2000年の三冠に繋がった。今のチームにそんなことができるのか?腐ったものは絶対回りに良い影響は与えない、即刻取り除くべきだ。

2006年10月28日

CPUクーラーの交換 峰COOLER ASUS P5AD2-E Premium

  一連のトラブルから2週間、ようやくCPUクーラーを替えました。チョイスしたのは峰COOLER Rev.B SCMN-1100です。参考にしたのはDOS/V POWER REPORTのCPUクーラー特集、その中で峰COOLERは最高の評価されていたことと、LGA775用クリップで取り付けが比較的簡単と書かれていたことからです。

 今回はマザーを交換するので、前マザーからCPUを取り出し、新しいマザーにセットします。前回トラブル絡みでグリスを塗りすぎていたので、グリスをふき取るのが大変でした。CPUの表面までグリスがついてしまって・・表面は拭き取るわけにもいかないので、グリスが多少残っていましたがそのまま装着しました。グリスの付けすぎには注意必要ですね。

 CPUを取付けた後、峰COOLERをセットします。まず、峰COOLER本体にLGA775用クリップを取付けます、これがタイトで結構大変、ぐっと強く押し込まねばなりません。いよいよマザーへ取付けます。またLGA775用クリップが硬くて中々上手くささりません。コンデンサがヒートシンクに干渉しますが、なんとか少し曲げれば大丈夫のようです。何回かやり直しながら慎重にぐっと押し込みます。マザーの裏からもちゃんと固定されているかチェックします。しかしこれ外す時はどうやって外すのだろう?と不安が・・・あとはマザーを再度取り付け、ケーブル類を再度セットします。

 作業時間はちょうど3時間かかりました。途中マザーを外す際にネジをドライバーで回すとスペーサーまで一緒に回ってしまったりして苦労したり、中を掃除しながら慎重に行ったのでその分は余計にかかったと思います。しかし最近の大型のCPUクーラーの交換はマザーを外さないと不可能ですね。前回の失敗はマザーを外さないようにと手を抜こうとしたのがそもそもの失敗でした。またLGA775用クリップ型よりもリテンションキットを使ってネジ止めするようなタイプの方がしっかり装着できるのでは?と当方は思います。

 そもそも今回のリテールクーラーからの交換ですが、2年前自作した当初は、CPU温度もそんなに高くなかったのですが、1年ほど前からアイドリング時でも60度位、SILKYPIXで処理中にはすぐに73度を超えるようになったことからです。リテールファンの取り付けが緩んできたのでしょうか、原因は解りません。

 峰COOLERに交換後は49度位で落ち着いています、そしてなによりもファンの音が静かになりました!! 色々苦労しましたが満足しています。

2006年10月27日

CPUクーラー交換からPC大トラブル⑤-原因が解りました-

 刀775 SCKTN-775を先日取付けた時のミスが発覚しました! 

なんとCPUクーラーの保護フィルムをつけたままで取付けていたのです。 

 それで電源がすぐ落ちてしまっていたのでした。平日の夜に無理して取付けようとしたのが失敗でした、それにしても保護シールに気づかなかったとは・・・・あまりのバカさにあきれています。

 でもこれで原因がはっきりしました。壊れたマザーに新しいCPUクーラーに取り替える決心がつきました。しかし注意一秒、高い授業料だっとと大いに反省しています。

2006年10月24日

CPUクーラー交換からPC大トラブル④

 例のトラブル以後、ずっとケースカバーを空けたままにしています。ASUS PC PROBEでCPU温度とVOLTAGEを監視していますが、数字がムチャクチャなのです。

 CPU温度はマイナス15度や時には120度となったり、CPUに負荷を与えると数字が乱高下します。VOLTAGEも13.463/12V、6.528/5V、4.08/3.3V、2.04/VCOREとすべてエラーになったり、時には5Vだけがエラーになったりと同じくムチャクチャです。どうやらマザーボードがいかれてしまったようです。従い急遽ヤオフクで中古マザーをゲットすることにしました。

2006年10月21日

ナビスコに向けた調整試合か? vsマリノス戦

J1 第28節 10/21(土) 日産スタジアム 鹿島 1 - 2 横浜F・マリノス

 前節の悪夢の再来かと思わせる前半の連続失点でしたが、今節はなんとか1点を取る事ができました。後半も深井、田代の惜しいチャンスがあり、前節よりはましになったかな。ナビスコ決勝に向けた調整試合で結果は二の次という贔屓目の目線で見ても内容は満足できるレベルにありません。簡単に得点を許すCB陣、何故大岩や羽田を使わないのか?どうもアウトゥオリ監督は選手の好き嫌いが激しいような印象を受ける。若手を積極的に使うことは評価できるが、本当に同監督に任しても良いのだろうか?

1  2  3