2006年9月30日

鬼門の長居 vsセレッソ大阪戦

J1 第25節 9/30(土) 長居陸上競技場 鹿島 2 - 2 セレッソ大阪

 途中までは完勝ペースでしたが、なんということでしょう、最後ロスタイムに追いつかれてしまいました。 同じようなことが過去何度あったことか・・・・これでリーグ戦はいよいよ厳しくなってきました。 毎試合失点を繰り返すDF陣はなんとかならないのでしょうか? 曽ヶ端が不安定なのも気になります。

2006年9月24日

フェルナンド、ハットトリック vsFC東京戦

J1 第24節 9/24(日) カシマスタジアム 鹿島 3 - 2 FC東京

 最近フェルナンドがキレに切れまくっている。 前節の清水戦のミドルも凄かったが、今日は先制ミドル、CKからのヘッド2発と絶好調である。 水曜日のヤナギのヘッドを演出したのもフェルナンドのFKである。ボランチでハットトリックとは滅多にないことだと思う。

 後半30まではほぼ完璧でった、しかし終盤2点を取られ、最後はいつものようにヒヤヒヤであった。 チームとしての出来はまだまだなのであろう、アウトゥオリ監督の目指すサッカーまではまだまだ遠い。

2006年9月20日

アウエィゴールの威力!vs横浜Fマリノス戦

ヤマザキナビスコカップ 準決勝 第2戦 9/20(水) 日産スタジアム  鹿島1-2横浜F・マリノス
 
 昨年も悔しい思いをした日産スタジアム、試合には負け、内容はまったく褒められたものではありませんでしたが、10冠に向けて国立の決勝の場に進むことができてなにより良かったです。

 第1戦目に勝っているので少し余裕あったのですが、それも前半早々に上野のミドルで追いつかれ苦しい展開でした。今日の暑さのせいか、疲れのせいか、リードしていたせいか、動きは鈍くパスも繋がりません、試合は総じてマリノスペースで、前半はチャンスらしいチャンスもありませんでした。

 後半最初から内田に代わって中後投入、内田は前半終了間際に痛んだのが原因か? その後、ファビオに代わってダ・シルバ、深井に代わって興梠と続々投入される、しかし相変わらず、得点の匂いは見えてきません。おいおい、こんなハイペースな交代大丈夫?今日は延長、PKがあるんだぞ・・・と延長になるんでは?という展開でありました。

 ところが、サッカーはわからないものです。後半30分過ぎだろうか、マリノスの左サイドでフェルナンドがFKゲット、そのFKをフェルが蹴った瞬間、時が止まったかのようにスルリと抜け出たヤナギがフリーでへディングを決めたんです。一瞬オフサイド??という感じでしたが、主審がゴールを認めてやっと歓声があがりました。

 ヤナギがサポーターに向かって、もっと応援してくれよ、といわんばかりに手をあげます。思えば今日も観客はヤナギに冷たかった。深井が交代する時、ヤナギだろ?という声が聞こえました、そんな雰囲気を本人も感じているんでしょうね。

 アウエィゴールが適用される今回のナビスコカップ、このアウエィでの1点が勝負を決めました。と言えば格好良いのですが、実際はヤナギの得点直後に1点返され、最後はいつものようにヒヤヒヤものでした。
 
 国立の決勝の相手は千葉にきまったようです。アントラーズと違って何人も代表メンバーがいます。それまでには本山や田代も戻ってくるはず、アレックスミネイロもヤナギも調子が上がることでしょう。ファビオもダ・シルバも本来の実力がでてくるころです。10冠を大いに期待したいと思います。

2006年9月19日

甲斐よしひろ アコギなキラー・ギグ2006  町田

 3月9日の渋谷O-EASTでのROLLING CIRCUS REVUEに引き続き、アコギなキラー・ギグ2006、9月16日の初日に町田市民ホールに行ってきました。 今回はアコスーティックということで、ギターの松藤さんと、バイオリンのクラッシャー木村さんと3人という構成でした。 バイオリンを弾いていた方は、甲斐さんが「クラッシャー木村」と紹介していたので、帰ってから検索してみたらJ-POPでは有名なバイオリニストのようです。

 松藤さんのギター、かっこよかったですね、いままでドラムのイメージしか無かったので、こんなにギターがうまいとは知らなかった・・・「ビューティフル・エネルギー」でのヴォーカル良かったです。 また当方がもっとも好きな歌のひとつである、「最後の夜汽車」には思いっきり感動しました。 「かりそめのスウィング」や「LADY」もLIVEで聞けて良かったです。 また甲斐さんがTALKでしきりに「原点に戻る」云々を言ってたので、もしかしたらと思ってたら、やはり「バス通り」がファイナルでした。 最終の北千住までもっと熟成されることを期待しています。

M01.スウィート・スムース・ステイトメント
M02.裏切りの街角
M03.ビューティフル・エネルギー
M04.かりそめのスウィング
M05.甘いKissをしようぜ
M06.安奈
M07.LADY
M08.BLUE LETTER
M09.ナイト・ウェイブ
M10.漂泊者(アウトロー)
M11.風の中の火のように
M12.破れたハートを売り物に
-----encore1----- 
M13.冷血(コールド・ブラッド)
M14.きんぽうげ
M15 最後の夜汽車
-----encore2-----
M16.ハート
M17.HERO(ヒーローになる時、それは今)
M18.バス通り

2006年9月18日

ADSLのスピードが急激にダウン その2

 @Niftyのサポートで相談したところ、回線が不安定になっているとのことでADSLモデムの初期化を勧められました。 指示通りに初期化したところ、最初はスピードが戻りましたが、またすぐに接続が切れてしまいます。 何回か初期化を行いましたが状況は変わりません。
 
 再度@Niftyのサポートで相談したところ、「帯域調整」を勧められました。 「帯域調整」とは速度をある程度落としてノイズに対する耐性を強め、通信の安定化をはかる作業のことです。 この「帯域調整」の結果、スピードは2.4Mbps程度まで落ちましたが、回線が切れるようなことはなくなり、安定するようになりました。 このまま暫く様子を見て安定するようなら、スピードを上げてもらおうと思います。

帯域調整とは速度をある程度落としてノイズに対する耐性を強め、通信の安定化をはかる作業となります。

 ADSLにおいて安定性と速度は反比例するような関係にございますので、帯域調整により安定性を向上させると速度は低下いたします。逆に速度の向上を図る調整を行いますと、接続が不安定になります。
 現在、安定して接続が行えているご様子でしたら、回線事業者にて帯域調整の解除、または速度向上を目的とした帯域調整を承ることが可能でございます。

 ただ、上記でもご案内しておりますとおり、速度の向上を図る調整を行いますと接続が不安定になります。(@Niftyサポートメールから引用)

1  2