2006年7月29日

3連勝! vsセレッソ戦

J1 第16節 7/29(土) カシマスタジアム 鹿島 2 - 0 セレッソ大阪

 相手は最下位のセレッソとはいえここ数年相性最悪のチームである。 前半からボールをキープし攻めるがゴールは決まらない。 前半はヤナギ、アレックスミネイロの惜しいシュートがキーパーのファインセーブに妨げられる。 後半から本山投入、ほぼ一方的に攻めるが点が入らない、小笠原のシュートがポストを叩き、野沢のFKからアレックスミネイロのヘッドがまたしてもポストを叩く。 新井場、野沢のフリーなシュートが枠を外れる・・・とほぼ諦めた後半43分、サイドに開いた野沢から本山へ、本山が絶妙のヒールパスにフェルナンドが落ち着いて決めてようやく先制。 直後にまた本山からアレックスミネイロが追加点、2対0で苦手セレッソを破ることができました。

 これでW杯中断後の4連戦を3勝1敗で乗り切ることができました。 特に前節、今節と引き分け濃厚だった試合を最終的に勝つことができました。 昔の勝負強さが戻ってきたかなーと期待したいと思います。

2006年7月26日

連勝!vsアルビレックス新潟戦

J1 第15節 7/26(水) 新潟スタジアム 鹿島 1 - 0 アルビレックス新潟
 W杯中断後、水、土とタフなスケジュールが続きますが、松本、新潟とアウエィ2連戦を連勝で飾ることができました。 今日は両チームとも点が入らず引き分けかと思ってましたが、後半40分フェルナンドのFKが決勝点になったようです。 先日は前半に退場してしまいチームに迷惑を掛けたので、今日はそれを帳消しにしたという感じでしょう。 しかし気になるのはここ3戦、スタメンが固定されていることですね、調子のあがらない柳沢やファビオサントスはベンチスタートでも良いのでないでしょうか?

2006年7月23日

W-ZERO3トラブル 無線LANが繋がらない

 自宅ではBUFFALO WLA2-G54とASUS P5AD2-E Premium付属の無線LANアダプタにて無線LAN環境が組まれています。W-ZERO3との接続も簡単だろうと思ってやってみましたが、これが結構苦戦しました。

 まずウィルコムサイトから定番の無線LAN接続切替ツールをダウンロード&インストール。SSIDとWEPKEYを入力しますが繋がりません。 うーん、WEPKEYが間違ったかな?というのは自宅を無線LAN化した際にWEPKEYを設定しましたが、メモるのを忘れてしまい、イマイチ自信がありません。思い当たるのを2-3つ変えてトライしてみましたがどれも駄目、繋がりません。

 そこでWLA2-G54の設定関係を見直してみました。SSIDをANY接続にしてないのが原因と思いましたが、ANY接続に変えてもまだ繋がりません・・・ですが、最終的にはMACアドレスをWLA2-G54に登録することで無事繋がるようになりました!

W-ZERO3のMACアドレスの確認方法は、

[スタート]→[設定]→[システム]タブ→[ユーティリティ]→[無線ON/OFF]をタップします。

[内蔵ワイヤレスLANを停止]にチェックがついていないときは
  「MACアドレス 08-00・・・・・」が表示されます。

[内蔵ワイヤレスLANを停止]にチェックがついているときはチェックを外してから[OK]をタップし、もう一度、[ユーティリティ]  →[無線ON/OFF]をタップするとMACアドレスが表示されます。


2006年7月22日

今日は快勝 vsFC東京戦

J1 第14節 7/22(土) 松本スタジアム 鹿島 4 - 2 FC東京

 先制されたときはどうなるかと心配しましたが、最終的には少ないチャンスを上手く得点に活かしたアントラーズの快勝でした。 今日は前の試合にスタメンを外された本山は最初から体を張って頑張っていたし、途中出場の野沢、深井は期待通りの活躍を見せました。

 期待はずれだったのは柳沢とファビオサントス。柳沢は動きも目立たなかったし、前半のアレックスミネイロの決定的なクロスは決めなければならない場面でした。 ファビオサントスもまだコンデションがイマイチなのかほとんど目立ちませんでした。 チーム内の競争力を高め、スタメンを固定せず、色々な選手を使って欲しいと思います。

2006年7月19日

「・・・」vs川崎フロンターレ戦

J1 第13節 7/19(水) カシマスタジアム 鹿島 2 - 4 川崎フロンターレ

 声のでない敗戦、カシマスタジアムで4点も取られたのは最近では記憶に無い。 観戦された方のレポートを読むとフェルアンドの退場もあるがサッカー自体の内容も良くなかったらしい。 アウトゥオリ監督を信じて復活を待つしかないのか?

1  2  3