2006年5月21日

負けたが何とか予選突破 vs 川崎F戦

ヤマザキナビスコカップ 第6日 5/21(日) 等々力競技場 鹿島 1-2 川崎フロンターレ

 やはり勢いの差は恐ろしい、またもやいつものように先制を許してしまい、追いつくも、アレックスミネイロがイエロー2枚で退場となり、追加点を取られジ・エンド。 でも運が味方したのか、奇跡ながら最後尾で決勝Tに進出することが出来た。 

 決勝Tの相手は相手はガンバ大阪、6/4と6/8に行われる。 時間的余裕はないが、しっかり休養し、鍛えて臨んでもらいたい、もう惨めな試合は見せられない。

5月は雨ばっかり

 GW明けた後は雨ばっかりですね、ところがこの週末は天気予報が外れて良い天気となりました。 久々にSTFを持って近所の花を撮りました。 STFのMFにはようやく慣れてきましたが、まだまだピンボケが多いです。 上の写真はPhoto Blogにアップしてありますが、こちらにも載せたいと思います。

2006年5月17日

また負けた! vsパープルサンガ戦

ヤマザキナビスコカップ 第5日 5/17(水) 西京極競技場 鹿島1 - 2京都パープルサンガ

 また負けてしまいました! 雨でアウエィ、今おかれている状況から考えると引き分けでも十分なはずなのに、何で2点も失点するのだろう? それも後半16分、18分と連続失点である。 W杯選考から漏れた本山の出来は悪かったようである。 本山のかつての輝きはどこに行ってしまったのだろうか?

 川崎Fが大分に勝ったおかげで、予選突破はそう難しくない状況である。 次節は絶好調の川崎F戦である。 残念ながら現状の実力ではかなりの実力差があるようだ。 過去のアントラーズを知るものとしては想像もしたくないが、所詮これが実力の世界なのである。 過去は忘れなけらばならない。

2006年5月14日

ハラハラ逆転勝ち vsパープルサンガ戦

ヤマザキナビスコカップ 第4日 5/14(日) カシマスタジアム 鹿島3 - 2京都パープルサンガ

 昨年のナビスコは予選敗退していますので、代表メンバーは居ませんが、しっかり勝ち上がっておかねばなりません。 ところがこのところの調子の悪さからか前半早々に失点、田代のゴールで追いつくも、すぐ突き放されます。 前半はその後も危ない場面の連続だったようです。後半相手DFの退場で数的優位にたちますが、同点ゴールは生まれません。 当方、それまではライブアントと2ch実況で応援していたのですが、「今日も無理そうだ」と諦め外出してしまったのでした。

 ところがそこからドラマが起こりました。 アレックスミネイロが同点、逆転ゴールを決めたのです。 当方携帯ニュースで途中経過を見ていましたが、同点すぐ逆転と我が目を疑うほどの驚きでした。 こんなことならライブアントを聞いていれば良かった・・・しかし格下相手にこのような勝ち方では安心は出来ませんね・・

2006年5月13日

亀戸天満宮 藤棚

 連休中の話題ですが、亀戸天満宮の藤棚が有名と聞いて行ってきました。 ちょうど「藤まつり」の最中で、確かに綺麗なのですが、なんせ物凄い人で身動きがまったく取れませんでした。

 α-7D+STFで撮ろうと思っていたのですが、なんとカメラにCFカードが入ってません・・・・先日花を撮った際に、PCのカードリーダーに入れたのをカメラに戻すのを忘れていたのです。 やはり予備カードは持っておかねばなりません。 仕方なく携帯カメラで何枚か撮りました。 来年こそはα-7Dで撮りたいと思います。

 夕方帰ってテレビを見ていたら、ニュースでどこかの局が亀戸天満宮から中継していました。 もう少し残っていたらテレビに映ったかもしれません・・・。

1  2