« クリスマス | メイン | 親父の新パソコン »

2005年12月29日

●鹿島に世界一監督 アウトゥオリ氏

 鹿島の新監督に世界クラブ選手権で優勝したサンパウロのパウロ・アウトゥオリ監督(49)が就任することが27日、決定的となった。1年契約などの条件面で大筋で合意に達し、年内にも正式発表される。鹿島はエドゥー氏(現日本代表TA)以降、6人目のブラジル人監督を迎え5年ぶりの覇権奪回を目指す。   鹿島はアウトゥオリ監督から就任に前向きな返事を受け取り、金銭面やスタッフの確認などの最終調整に入った。クラブ幹部は「条件を提示し、今は向こうとやりとりをしている状況」と合意寸前であることを示唆した。

 アウトゥオリ氏はクルゼイロ、サンパウロで2度にわたってリベルタドーレス杯を制するなど実績、手腕はブラジル国内でもトップクラス。03年にはペルー代表監督を務め、国際経験も豊富だ。世界クラブ選手権の決勝では欧州王者リバプールを相手に堅守で対抗し世界一に。今季でサンパウロとの契約が切れるためポルトガルのクラブから契約の打診を受け、サンパウロからも続投要請されていた。Jの盟主復活を目指す鹿島にとって、うってつけの人材と言えそうだ。

 鹿島は10月にトニーニョ・セレーゾ監督の勇退を発表し、早い段階でアウトゥオリ氏をリストアップしていた。鹿島でコーチを務めた川崎Fの関塚監督、OBで元ブラジル代表のMFジョルジーニョ氏らを有力候補として検討した時期もあったが「育てながら勝つ」というクラブの理念にあった監督を再人選。数人の候補者の中で最終的にアウトゥオリ氏に絞っていた。契約交渉は世界クラブ選手権後にスタートさせることで両者で合意していたため、22日に接触を図ってから約1週間で一気に交渉が進展した。

 ◆パウロ・アウトゥオリ 1956年8月25日、ブラジル・リオデジャネイロ生まれの49歳。87年に指導者となり、97年にクルゼイロでリベルタドーレス杯優勝。02年にペルーに渡り、スポルティング・クリスタルをリーグ優勝に導く。03年にペルー代表監督に就任し、今春に解任された。5月からサンパウロの監督となり、自身2度目の南米王者の座を獲得した。 2005年12月28日付 日刊スポーツ

大物監督が誕生するようで、正式発表まで待ち遠しいです。 しかし同氏より上記候補に挙がったというジョルジーニョ氏に是非お願いしたいと言う気持ちが強いのは当方だけであろうか?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://harry-pc.sakura.ne.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/269

コメントする