2005年8月30日

西伊豆旅行-松崎 海浜荘-

8月27日から29日にようやく夏休みを取ることができましたので、西伊豆 松崎海岸に家族で海水浴に行ってきました。 元々はその前の週に東伊豆で予約を取っていたのですが、ちょうど台風11号が直撃し、キャンセルを余儀なくされたので、慌てて急遽ネットで空いているところを調べたところ、西伊豆の松崎町にある「海浜荘」という旅館が評判良さそうである事を発見し、一室だけ空いていたのをようやく予約できたのでした。


海浜荘は評判どおり、料理が美味しく、温泉も掛け流しで、海水浴場まで1分と最高でした。 松崎海水浴場も田舎のひなびた地元専用の海水浴場という感じで、東伊豆の華やかさとはまったく無く、本当にのんびりできました。 実は西伊豆は学生時代に何回も旅行しており、その良さは良く知っていましたが、今回の旅行で再確認することができました。 確かに交通の便は良くないですが(行きは渋滞に巻き込まれ6時間半掛かりました)、通好みの場所では、と思います。 また、松崎町は「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地だそうですね、当方はまったく見たことが無いので、語る資格はありませんが・・・

αSweetDigitalで撮った写真はHarry's Photo Blogで公開しています。

2005年8月29日

何が起こった?? vs東京ヴェルディ

第21節 8/27(土) 味の素スタジアム 鹿島 0-2 東京ヴェルディ1969

 水曜日の圧勝か何が起こったのだろうか? ちょうど休暇中でパソコンの使えないところに居たので、携帯でニュースのチェックだけの確認。 野沢とアレックスミネイロの先発に期待していましたが、前半またしても岩政がイエロー2枚で退場、 お決まりのように、後半早い時間に失点、 追加点、なんとか1点でも返して欲しいと祈っていたがあえなく終了。 水曜日のゲームの疲れがあったのだろうか? 水曜日に小笠原が復帰して、チームは良いムードではなかったのか? 

 今休暇から戻ってきて、掲示板等チェックしてみましたが、ヴェルディの出来が素晴らしかったような感じです。 いよいよガンバが勝ち点1点差まで追いついてきました。 次は山場のレッズです。 この1週間でどれだけ気持ちを切り替えられるのだろうか?

2005年8月25日

加減難しい「家族的労使」 日本経済新聞より

昨日少しふれた、8月24日 日本経済新聞朝刊の記事です。 奥が深く考えさせられるところも多いと思います。 当方は共感を覚えます。

 

加減難しい「家族的労使」

 鹿島と小笠原の間でイタリア・レッチェヘの移籍話がこじれている。そのこんがらがった糸をほどいていくと、どうも最後は、鹿島ならでは?の「家族的労使関係」の功罪にたどり着く気がしてならない。

 というのも、経営側と小笠原の双方とも契約書を盾に争っているようには見えないからだ。むしろ契約書の文言にはない口約束(オマエの悪いようにはしないから、のたぐい)を巡り「言った」「言わない」でもめている感じ。見え方としては親子げんかに近い。

 気持ちの整理がつかず、二十日のJリーグ出場を拒否した小笠原を「いかなる状況であれ、試合に出るのがプロ」と厳しくしかるチーム関係者もいなかった。漂うのは、従順だった息子の突然の引きこもりに困惑する親のような風情。

 鹿島が海外移籍に関して選手の悪いようにしてこなかったのは事実である。2002年の鈴木、2003年の柳沢、そして今年1月の中田浩と最終的には選手の希望をかなえてきた。それが今回は裏目に出ている感もある。その間チームを支えてきたのはオレという自負を持つ小笠原に「まだ契約が残っている。移籍は無理」と説教しても「なぜ、自分だけ行かせてくれないのか」と態度を硬化させるだけなのだろう。

 「悪いようにはしない」という「あうんの呼吸」でなく移籍に関する約束事をドライに文書にしておけば、こんな騒ぎは避けられたかもしれない。あるいは契約関係はすべて代理人に任せ、選手はプレーに専念という形を取っていれば、ストライキはなかったのかも。

 ただ、故障を繰り返して何年も使い物にならない選手を親身になって抱え続けるウエットな土壌から、毎年のように海外のクラブから狙われる選手が育っているのも事実。その湿り加減を一概に否定するわけにはいかない。
(8月24日 日本経済新聞 朝刊 「ピッチの風」)

2005年8月24日

祝!7得点、小笠原も復帰 VSアルビレックス新潟

第20節 8/24(水)カシマスタジアム 鹿島7-2アルビレックス新潟

 例によって残業でPCを睨みながらの速報チェック、先制され嫌なムードが漂いましたが、本山の同点ゴール、羽田の逆転ゴール、その後は新井場、アレックスミネイロ、小笠原、野沢も立て続けに得点で最終7点も取ることができました。 当方の記憶では6得点は98年頃に覚えがあるのですが、7得点って言うのは過去あるのでしょうか? (8年ぶりとのことです)

 小笠原は先週の鬱憤を晴らしてくれました、スポーツ紙によると吹っ切れたようですし、レッチェも獲得の意思もないようですね、代理人に踊らされただけのようです。 小笠原もこれで精神的にもっと伸びてくれることを望みます。

 そういえば本日の日経新聞朝刊に面白い記事がありました。 切り取って持って帰ってきたので後日紹介したいと思います。 この記事を読んでますますアントラーズファンになりました。

2005年8月22日

デジ一眼購入! αSweet DIGITAL

デジ一眼を購入しました! Dimage7Hiからの買い替えです。 検討した結果、機種はここに書いたとおり、「αSweet DIGITAL」です。 カラーは事前に評判の良かったシルバーモデルを選択。 ここ3ヶ月位の検討結果、ミノルタの将来に不安を感じ、Nikon D50が最有力だった時期もあったのですが、やはりもう一度ミノルタにかけてみることにしました。 また、当方にとっては、8月19日の発売がタイミングぴったりでありました。

 レンズは、α-7用のAFズーム24-105mmF3.5-4.5(D)を使うことにして、単品だけの購入としました。 広角側はちょっと物足りないものの、価格.comの掲示板では、標準のDT ズーム18-70mm F3.5-5.6(D)よりも評判が良さそうです。 まだ箱から出していませんが、これから撮るのが楽しみです、もちろんそれ以前に腕を磨かねばなりませんが・・・現在α-7で使っている5600HS(D)やAFアポテレズーム100-300mmF4.5-5.6(D)もそのまま使えるのも楽しみにしています。 撮った写真はこちらにどんどん掲載したいと思います。

1  2  3