2005年7月31日

月送りカレンダーの6週目表示

 本日、7月31日が月送りカレンダーで表示されません。 何故かなーと思ってましたが、小粋空間さんに書いてありました。 6週目がある月の場合「縦」の高さを調整しなければならないようです。

<div align="center" class="side"><iframe name="cal-iframe" src="<MTBlogURL>archives/calendar/<MTDate format="%Y/%m/index">.php" width="150" height="115"scrolling="NO" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0"></iframe></div>


<div align="center" class="side"><iframe name="cal-iframe" src="<MTBlogURL>archives/calendar/<MTDate format="%Y/%m/index">.php" width="150" height="130"scrolling="NO" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0"></iframe></div>

当方の場合はheightを115を130にすることで解決しました!

いまさらながら マンチェスターU戦雑感

 ちょっとタイミングを逃してしまったが7/28に行われたマンチェスターU戦、国立に見に行きたかったのですが、夕方よりずっと会議で・・・・。 試合は本山の素晴らしい2ゴールで見事に勝ちました。 選手たちには自信になったことでしょう。

 本山の2ゴールはいずれも左サイドから左足で反対側のサイドネットへ突き刺さりました、あとキーパーに止められましたが、野沢のトラップからの右反転シュートも良かったですね。 先日のマリノス戦でもおなじようなシーンがありました。 2つともキーパーの股下を狙ったようですが、惜しいですね・・もう一呼吸タイミングをずらしてたらと思いますが、この思い切りのよさが野沢の良さでもあるんですよね。 中断後期待します。

2005年7月30日

コニカミノルタ αSweetDigtal 発表!

ちょっと前に書いたとおり、デジカメの買い替えの候補を、D50にほぼ決めかけていました。 あとはいつ買おうかな、なんて考えていたところ、つい先日(7月15日)にコニカミノルタよりα-7Digtalの小型版である、αSweetDigtalの発売が発表されたのです。 ミノルタ通の当方にとっては大ニュースです。

 以前にも書いたとおり、Dimage7Hi、α-7ユーザーである当方にとってミノルタのカメラには愛着があります。他ストロボや望遠レンズのことを考えると、やはり同じメーカーのもの買うのが経済的ですよね。 価格.comの掲示板を見ても評判は悪くないようだし、手ぶれ補正機構がついているのは非常に魅力ありますね。 α-7Dはあまりにも重くてギブアップでしたが、このαSweetDigtalはかなり小ぶりなようです。 8月20日発売との噂ゆえ予約しようかな、なんて思ってます。

 もし、仮にαSweetDigtalに決めたしたら、当方は、Nikonとは本当に縁がないようですね、数年前にもF80Sを買いかけたことが、あるのですが、その時なぜか思いとどまって結局α-7にしました。コンデジもNikonを何回も候補として検討しましたが、結局他のメーカーに落ち着いています。 やっぱり後々大手にしておくほうが安心なんでしょうけど、タイミングが合わないんですよね。

2005年7月26日

仕事が忙しい

 今年に入って仕事が忙しい、とにかく忙しい、連日長い打ち合わせとPCでの作業が延々と続く。 帰宅した後も週末も仕事のことが頭から離れない。 極度にストレスが溜まる。 明後日のマンチェスター戦も参戦不可能。 

いつになったら出口が見えるのだろうか?

普段は我慢強い方だと自負していたが、さすがに愚痴を言いたくなってきました。

2005年7月24日

小笠原の移籍

小笠原の獲得を申し入れ セリエAレッチェ

 サッカー日本代表MF小笠原満男(26)獲得に向けた正式申し入れがイタリア1部リーグ(セリエA)レッチェから所属クラブのJ1鹿島に届いていたことが24日、分かった。小笠原は海外移籍を希望しており、鹿島側はJ1リーグ終了後なら条件次第で移籍を認める方針。  鹿島の鈴木満強化部長は「今すぐに移籍を認める気はないが、冬のシーズンオフなら検討の余地はある」と語った。  小笠原は25日から東アジア選手権(31日-8月7日・韓国)に向けた代表合宿に参加する。イタリア南部のレッチェはセリエA中堅クラブで昨季は10位だった。[ 共同通信社 2005年7月24日 16:45 ]

 いよいよ小笠原も移籍のようですね、ファンとしては今シーズン終了後にしてほしいところでしょうが、この手の話はタイミングが重要ゆえ仕方ないのかなと思います。 でも感慨深いですね、1999年頃でしょうか、交代時にふてくされた様な態度を取ったりしたことや、1999年の対レイソル ナビスコ決勝で最後PKを外して泣いた姿、2003年のナビスコ決勝で切れて退場になったシーンが昨日のように思い出されます。

 またこの移籍がらみでしょうか、レバークーゼンの元ブラジル代表FWフランサを取る話がもっともらしく報じられています。 小笠原とはポジションが違うようですが、大物助っ人を取る話は大賛成です。 小笠原はセリエAでも成功する可能性は高いでしょう、本当に決まったら気持ちよく送り出してやりたいと思います。

1  2  3  4